聞くのレベルが徐々に増す

CD

4段階でステップアップ

どんな勉強法であれ、自分の身の丈に合わなければ、勉強内容が身につきません。スピードラーニングで評価できるのは、自分のレベルがどうであれ利用できる、適用力の高さです。スピードラーニングの勉強方法は、とにかく英語を聞き続けること。これだけ聞くと「身につくまで延々と聞き続けるのはうんざり」と評価をつけるところ。ですが、実のところスピードラーニングに強制力はなく、最初のうちは「英語が流れているな」と認識する程度でいいのです。英語勉強の入口が広いのも、スピードラーニングの評価点でしょう。英語の”聞く”は4つの段階でレベル分けできます。1、英語が流れている、と認識できる2、英語を聞いて、日本語に訳せる3、英語を聞いて、どんな場面か想像できる4、英語を聞いて、どう英語で応えれば良いかがわかる誰でも最初は1の段階であり、最終的には4を目指して勉強するわけです。スピードラーニング好評価の大きな理由は、聞くという動作だけで、1から4まですべてのステップをこなせること。まずは耳が英語に慣れるまで、とにかく流し続けます。(1の段階)続けるうちに、同時に流れる日本語訳が頭に残るようになるので、英語を聞いてその日本語訳が頭に浮かぶようになります。(2の段階)さらに続けると、流れてきた英語から、どんな場面での会話かが想像できるようになります。(3の段階)3の段階が瞬時に理解できるレベルになれば、あとは自分の考えで発言するだけです。(4の段階)段階は違えど、やっていることは聞いているだけです。自分のレベルに合わせて、聞くのレベルも上がっていくのです。

Copyright© 2017 楽しく英会話を勉強|自分に合ったレッスンスタイルを探そう All Rights Reserved.