目的は英語を話せる事

読書

英語を話す事と聴き取る事

グローバル社会となった現在、英語を学ぶ社会人が増えています。中学と高校の6年間で英語を学んだにも関わらず、英語を話せない方が日本人には多くいます。英語学習の最終目的は日常英会話にあります。しかし、日本の学校の授業では文法や単語のスペルなどを覚える事が重要視され、ペーパーテストでは高得点が取れても、英語で会話をしたり、コミュニケーションを取る事が出来ないのが現状です。社会人になってから英会話を学ぶ場合に、ビジネス英会話を学ぼうとする方がいますが、ビジネス英会話は日常英会話の延長にあります。英語のビジネス用語や単語も大切ですが、日常英会話にビジネス用語をプラスしたものがビジネス英会話な為、自分に必要な英会話教材は基礎的な物かビジネス用かの判断が必要です。英会話を学ぶ上で、何かしらの英会話教材は必ず必要になります。英会話教材にも色々ありますが、日本人が不得意な「話す・聴く」に特化した英会話教材を選ぶことが必要になります。話せない英語は聴き取るも難しいとされています。また、聴き取る事の出来ない英語は話す事も出来ないと言われています。従って、「話す・聴く」は英会話にとってどちらも大切であり、英会話教材選びの際には重要視する必要があります。また、日本人には間違う事が嫌で話せない方が多くいます。英語は外国語なので間違って当たり前と割り切り、積極的に話す習慣を作る事も大切です。また、英語を聞き取る事に関しても、日常的に耳から英語を取り入れられる英会話教材などを利用して聴き流してみるのも効果的な方法です。

Copyright© 2017 楽しく英会話を勉強|自分に合ったレッスンスタイルを探そう All Rights Reserved.